WordPress

FileZilla2.接続方法&バックアップ方法を解説します!!

filezilla

FTPソフト「FileZilla」のインストールが無事に終わったら、次は実際に自分のパソコンとサーバーとをつなぐ作業をしましょう^^
(※ちなみに私はXサーバーを使っています。)

1.FileZillaの接続方法は…

まずはFileZillaを起動しましょう。

1.「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「FileZilla」をクリックして起動します。



2.FileZillaが起動しました。左上のオレンジで囲った所「サイトマネージャーを開く」のボタンをクリックします。

Filezilla使い方1



3.サイトマネージャーが開きました。
オレンジで囲った部分の「新しいサイト」をクリックします。

Filezilla使い方2



4.すると「新規サイト」というのが出来ましたね。
「新規サイト」では分かりづらいので名前の変更をしましょう。「名前の変更」をクリックしこれから接続する予定のサーバーの名前を入れておきましょう。私はXサーバーを使っているので「Xサーバー」と名前変更しました。

Filezilla使い方3



5.名前の変更が出来ました。では右側のオレンジで囲った空欄部分をエックスサーバーから届いているメールを確認しながら入力していきます。(※サーバーの契約をした時にメールが届いていると思います!)

Filezilla使い方5
  • ホスト(H)…FTPホスト
  • ログオンのタイプ…「通常」に変更します。
  • ユーザ(U)…FTPユーザー
  • パスワード(W)…FTPパスワード



全部入力出来たら「接続」ボタンをクリックします!!
…すると接続出来ますよ(*´ー`*)ノ


6.Xサーバーへの接続が出来ました!

  • 左側がローカル(自分のパソコン)
  • 右側がリモート(サーバー)

です。

Filezilla使い方6-1


2.FileZillaでのバックアップの方法は…

リモート(サーバー)の方を見て下さい。リモートサイトと書かれている部分に表示されているのが現在選択しているフォルダということになります。

今回、自分がバックアップしたいドメインを選択します。

バックアップでよく使うのはpublic_htmlのところなので今回は「public_html」フォルダをダブルクリックします。

Filezilla使い方7-1



するとリモートサイトの所が「●●●.com/public_html」に変更になりました。

Filezilla使い方8-1



例えばpublic_htmlフォルダの中の「wp-contentフォルダ」のバックアップを取りたい場合は…
「wp-contentフォルダ」を選択したまま、左の自分のパソコン(保存したい所)側にドラッグ&ドロップするとダウンロードすることが出来ます!

fillZiraの使い方10

ダウンロードしたデータをUSBなり、ハードディスクなりに保存しておくとバックアップになりますよ(*´ー`*)ノ

まとめ

今回はFileZillaの接続方法・バックアップ方法をお伝えしました。

最初は大変かもしれませんが何度も使っていくと慣れてくると思います。fileZillaが使えると簡単にバックアップがとれるのでぜひぜひマスターしておきましょう!!


関連記事:FileZillaのダウンロードからインストールまでを詳しく解説します!!